トップ

医者の生涯年収は一体

医者の生涯年収とは一体

医者の生涯年収はいくら?

将来就く職業はなるべく生涯年収の高い職業がいいと考える人が多いです。儲かるイメージが強い職業として医者が挙げられますが、果たしてどのくらいの収入が得られるのか気になるでしょう。>医者になりたいという方は医者は本当に儲かるのかどうか見ていきましょう。

医者は大きな病院で働く勤務医と、自ら個人でクリニックを経営する開業医に分かれます。一般的に勤務医よりも開業医の方が年収が高く仕事内容も軽めであるため、勤務医を経て開業医になるというケースが多いです。勤務医を続けているうちに、開業できるだけの資金を貯め、医師としての経験も積めます。

医師は専門分野が細かく分かれていますが、内科で個人クリニックを開業した場合を想定してみると、1ヶ月あたりの診療報酬は約730万円です。ここから必要経費を差し引いた残りが手元に残ります。必要経費は人件費が約175万円、医薬品費が約160万円かかり、その他の家賃やリース料などさまざまな諸経費を合わせると200万円近くかかるでしょう。診療報酬からそれらを差し引くと手元に残るのは200万円ほどです。

大まかに計算すると年収額はその12ヶ月分で、2,400万円という計算になります。勤務医と異なり定年はないため、現役の医師として開業を続ける限り生涯年収は増えます。開業後についてのみ見た場合でも、順調に30年続ければ生涯年収は7億2000万円ということになるでしょう。

開業医は勤務医と比べて年収が平均して1.7倍くらい多いとされています。しかし、勤務医と異なり、経営者としての役割も果たさなければなりません。経理や税務もやる必要があります。看護師を雇ったら労務管理も必要でしょう。また、開業資金も3000万円ほど必要になります。開業医は儲かる反面で、必要経費も多くリスクも伴う職業だと言えるでしょう。