• トップ

女性の悩み、視力低下

女性の悩みはホルモンバランス

女性の悩みは原因がある

年齢を重ねる毎に、目の疲労や首や肩こり、ひざや関節、腰痛など、痛みが発症してくることがあります。老化現象だから仕方がないなどとあきらめてしまう人が多いようです。特に体力の衰えなど女性の悩みは様々です。人生半ば頃になると、老眼という現象が起こってきます。これはシニア世代になるとほとんどの人が経験をしていくでしょう。また若いうちから視力低下で眼鏡をかけていた人は、老眼になりにくいと言われています。特に老眼は女性の悩みの一つです。閉経5年前後は更年期障害になる傾向があり女性ホルモンでエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが減少してしまい、本来の身体の機能の低下を招き、さらに自律神経のバランスが乱れてしまう傾向にあります。これはシニア世代に非常に多く見られ、特にシニアで老眼ではなく普通の視力の人でも、自律神経の乱れによる視力低下になる事もあります。これは女性の悩みではありますが、男性でも自律神経は乱れてしまえば視力低下になるので、日頃からストレスを溜めないようにすることです。そして、年齢を重ねるごとに栄養バランスに特に気を付け、敬遠しがちなお肉などのタンパク質を野菜などの食物繊維と一緒に取ることが良いです。あとは、首回りの血流を良くすることで自律神経の安定にもつながって視力低下も防ぐことができます。

↑PAGE TOP